この記事の所要時間: 553

影響4

近頃、何かと話題の糖質制限ダイエット。

ご飯やパンなど炭水化物に含まれる糖質を避けて、
お肉や魚など糖質の少ない食材を食べて
キレイにやせるという画期的なダイエット。
雑誌やメディアでその名前を聞かない日はありません。

実は私も糖質制限ダイエットに挑戦した一人。
半年間で11kgの減量に成功しました。

半年間という短い期間でやせたので、
周りの友人は驚き半分、興味半分といった感じでした。

特に興味津々な友人たちには、いろいろ質問攻めにされたので、
私は糖質制限ダイエットについて説明することに。

すると、友人のうちの一人が、
「糖質制限ダイエットって、すぐやせるけど
その分内臓脂肪が増えるから、大変だって聞いたよ?」
と言うのです。

私もこれにはビックリ。

彼女の言うことが本当なら私、これからどうなっちゃうの?

あまりにも不安になったので、
糖質制限と内臓脂肪との関係について調べてみることにしました。

今回は、糖質制限をすると内臓脂肪が増えてしまうのか、
私なりに調べたことについてお話ししたいと思います。

糖質制限ダイエットでやせた私が行った方法

スクリーンショット 2016-07-02 7.42.41

まずは、私がしてきた糖質制限についてお話しします。

厳しくて我慢しなきゃならないダイエットなんて、
耐えられなくて心が折れちゃいそう。

なので、いわゆる“ゆる糖質制限”をすることに。
糖質を厳しく制限するのではなく、
必要な分はちゃんと取るのが“ゆる糖質制限”。

30代女性が必要とする1日糖質量は、約260gほど。
糖質はご飯やパンだけに含まれているのではなく、
調味料、野菜、果物、加工食品と多岐にわたります。

まずは、ご飯の量を一回100gほどに抑えました。
これでご飯一回分の糖質は約38gほど。

足りないエネルギーはお肉や魚、チーズなどの
タンパク質や脂質でしっかり補給。

もちろん野菜も糖質の少なめなものをチョイス。
ビタミン、ミネラル、食物繊維補給を心がけました。

時には友人たちとの飲み会にも参加。
お酒も我慢しません。
糖質の少ない飲み物を頼んで、
おつまみには焼き鳥を塩味で。

ついでに体のラインが少々気になるので、
夜寝る前に簡単なストレッチや腹筋をしました。

と、こんな感じでストレスを溜めないように
ゆる〜くダイエットをしていたら、
いつの間にか11kgやせていたのです。

間違った糖質制限で内臓脂肪が増える?

スクリーンショット 2016-07-02 7.43.05

では、なぜ糖質制限で内臓脂肪が増えるって言われるの?
それは間違った糖質制限ダイエットに理由があります。

糖質制限ダイエットでは糖質を制限しますが、
1日の必要なエネルギー量は、タンパク質や脂質など
他の栄養素でちゃんと補います。

しかも足りない分をお肉や魚などで補おうとすれば、
当然その量も多くなります。

ですから、たとえ脂が乗った分厚いステーキや、
こってりしたチーズをたくさん食べたとしても
それが1日の必要なエネルギー量の範囲内であれば問題なし。

しかし、従来のダイエットの考え方では、
カロリーの高い肉や魚、油など太る原因なので当然食べちゃダメ。

従来の考えを引きずったまま間違った糖質制限をすると、
必要な分を食べようとしないためエネルギー不足になるのです。

それに、糖質制限ダイエットは
あくまで糖質の量をコントロールするもの。
糖質を全く取らないダイエットではありません。

でも早くやせたいがあまり、糖質完全カットをするという
極端な方法を選んでしまうことも。

こうして1日に必要なエネルギーが補充されなかったり、
糖質を完全カットするような間違ったダイエットを続けた結果、
知らない間に身体に大きな問題を抱えることになるのです。

なぜ間違った糖質制限は内臓脂肪を増やすの?

必要なエネルギー量が不足すると、
身体を動かすためのエネルギーとして体内の脂肪を使うのですが、
その際、なんと必要な筋肉までも分解して使い始めます。

筋肉を分解すれば、筋肉量がどんどん減ってしまいます。
脂肪よりも重い筋肉が少なくなるので、体重もぐんぐん減る結果に。

普通はここでダイエット成功・・・なんて勘違いをしてしまうところ。

でも恐ろしいのが、ここから。

こういった間違ったダイエットはリバウンドすることがほとんど。
小さくなって減ってしまった筋肉は元に戻らないまま、
余分な脂肪ばかり身体にどんどん付いて、
リバウンドしてしまう最悪の結果に。

筋肉量が少ない状態なので脂肪が燃焼されることもなく、
そのまま、一直線に内臓脂肪へ。

これが、糖質制限をすると内臓脂肪が増えると
誤解される理由なのです。

筋肉量が減り、脂肪が増えるこの現象を
「サルコペニア肥満」と言い、
生活習慣病のリスクが上がる原因の一つだと
最近注目を浴びているのです。

糖質制限で内臓脂肪を増やさないためには?

スクリーンショット 2016-07-02 7.43.31

間違った糖質制限が内臓脂肪を増やす原因だとお話ししました。
じゃあ、内臓脂肪を増やさないためには?

それは、正しい方法での糖質制限ダイエットが一番だということ。

糖質制限の基本である、糖質を制限し、
タンバク質や脂質で足りなくなったエネルギーを補うことを
とにかく徹底すること。

そうすれば、筋肉量が減ることもなく、内臓脂肪が増えません。

また、筋肉量を増やすために軽い筋トレも効果的。
筋肉量を増やすことで、スタイルは良くなるし、
サルコペニア肥満も防げてまさに一石二鳥。

私が今まで行ってきた糖質制限ダイエットは
一応ちゃんと基本を正しく守ったので、合格点かな?

内臓脂肪が増えている危険性はなさそうな感じです。
ちょっと一安心。

まとめ

1.糖質制限ダイエットで内臓脂肪が増えるというのは、
ほとんどの場合間違った糖質制限を行った場合。

2.その間違った糖質制限とは、
必要な分の糖質を全く取らなかったり、
代わりのエネルギー源であるタンパク質や脂質を
十分に補充しないこと。

3.必要なエネルギー量が不足すると
身体は筋肉を分解してエネルギーとして使ってしまうので、
最終的に筋肉は少ないのに脂肪は多いという
サルコペニア肥満になる可能性が。

4.正しい糖質制限を正しい方法で行なっていれば、
内臓脂肪が増えることはありません。

「早くきれいになってやる」という気持ちはきっと誰でも持っているもの。

でも、早くきれいになりたいがあまりに、
間違った糖質制限をしてしまうとさらに後悔する結果を招くかも。

基本に忠実に、をモットーに糖質制限を頑張りましょうね。

次にオススメの記事→コッポアポの口コミで効果は信じてはいけない?私が試した結果…


→本気で脂肪を落とすなら!生漢煎「防風通聖散」
糖質制限にプラス@をオススメします!やせられれば彼氏や旦那さんが優しくなるかも?
↓ ↓ ↓

Sponsored Links


ブログランキング参加中!応援クリックしてくれるとうれしいです!
↓  ↓  ↓