この記事の所要時間: 532

冷え性

話題の糖質制限。

すごく体に良いと言われて始めようと思ったけど
「糖質制限を続けたら体が冷えて困った」
というウワサを聞いて不安になってしまいました。

そこでいろいろな情報を集めてみると、
なんと出てきた答えは
・・・逆に冷え性がよくなる。

しかも医学的にそれが証明されているみたいなんです。

そこで糖質制限をして冷え性がひどくなった場合、
いったい何が起こっているのかを調べてみました。

ちなみに私はこの情報のおかげで糖質制限に成功し、
こんな効果を感じるまでに。

・寒くなるとしょっちゅう通っていたトイレの回数が減る。
・いつもくつに入れていたホッカイロが熱く感じる。

冬なら当たり前におこっていたことがウソみたいになくなりました。

これまで冷え性で悩んでいたあなたも、
ダイエットだけじゃない冷え性改善効果を手に入れちゃいましょう。

糖質制限で冷え性が改善された理由とは

糖質制限を始めてから2週間目頃に、
何だか頭がすっきりした感じになったり
体がかるくなったりするのを感じたりします。

これは感覚だけでなく、
身体もしっかり変化し始めている証拠なんです。

冷え性は血の流れが悪くなって起こることがほとんど。

身体の先の方の血管が使われていない、
血がドロドロしていることなどが原因になります。

糖質制限をすることで血の余分なものが燃やされて
サラサラと流れやすくなったり、
糖質(ご飯やパンなど)からブドウ糖を作っていたのを
たんぱく質から作れる身体に変わったりします。

そうなると、全身に栄養やエネルギーがめぐりやすくなり、
頭も体もとっても冴えてくるのを感じられるんです。

糖質制限で冷え性が悪化してしまう原因とは

冷え性2

糖質制限が体にいいと言われている大きな理由が
エネルギーの元になる栄養分が
糖質からたんぱく質にかわること。

そして
身体が冷える=燃えるものが足りない
ということは・・・

そうです、たんぱく質が足りなくなっていたんですね。

糖質制限を始めて体の調子がよくなると
もっとよくなりたい、もとに戻らないようにしなくては
という気持ちが強くなりますよね。

すると糖質を制限するだけでなく
全体のカロリーや食べる量まで減らしすぎて・・・
これが原因で冷え性がひどくなってしまったんです。

これは食べちゃダメ、あれも食べちゃダメ・・・
そう思って減らしすぎちゃうのもホントにわかります。

だからたくさん食べていいものに目を向ければいいんです。

ここでお助け食材になるのが肉、魚、大豆などのタンパク質。
すぐに熱エネルギーに変わるもの
筋肉として蓄えられるもの両方の分を食べましょう。

筋肉はそんなにいらないんだけど、と思ったあなた。
安心してください。

筋肉は熱を作り出す工場なので
工場が大きければそのほうが使うエネルギーも多く、
熱を作るということは体もぽかぽかするということ。

食べるたんぱく質が少ないと
体に残っているたんぱく質=筋肉
を使ってエネルギーを作るので筋肉が減ってしまうんです。

それがエネルギー不足の体、
つまり熱をたくさん作れない体になって
冷え性になってしまう原因だったんですね。

身体が冷える、寒さを感じることが多くなった、
という場合は体重の減り方が大きすぎないか、
タンパク質がしっかり足りているかどうか
食事内容をチェックし直しましょう。

糖質制限が冷え性に効果的なわけとは

冷え性3

糖質制限で冷え性を改善するメリットは
なんといっても物にたよらず
自分の体を変えてしまうところ。

糖質制限ではやせていて特にダイエットが必要なくても
冷え性を軽減できるんです。

血糖値ってよく聞きますよね。
血の中のブドウ糖の量のことなんですが、
これが急に下がったときに体がすっごく冷えるんです。

糖質からブドウ糖を作り出すのはとっても簡単。

でもその反面、血糖値の上がり下がりが急になってしまい、
急にブドウ糖が少なくなる低血糖を起こします。

たんぱく質からスムーズにブドウ糖を作れる体になると
血糖値の上下が穏やかになり、
低血糖による冷えを防げるんです。

そしてもちろん、
ダイエット効果で体についた余分な脂肪が減ることで、
冷えた脂肪が温まりにくくて起こる冷えからも解放されます。

糖質制限で冷え性を改善するために必要なこと

冷え性4

糖質制限で冷え性を改善するためには
まず正しい糖質制限のメニューで実践してみること。

どれだけ食べたらいいのかを知るのは大切ですね。

それから途中で運動を始める場合にも
必要なタンパク質やカロリーは変わってきます。
そのたびに見直してみましょう。

糖質制限をするなら、ついでに冷えにつながる生活を
変えてみるのもいいかもしれません。

冷えの原因は糖質のとりすぎだけじゃなく
筋肉の量が少ないことや日々の習慣も合わさって
起きることもありますよ。

例えば毎日シャワーで済ませていたなら
週に何回かはお風呂に浸かる生活にする、
寒さよりファッションを取っていたなら
下着は暖かいものにしたり腹巻を活用したり。

糖質制限が自分の体に合った状態でできると
運動は特にしていなくても冷え性が改善した、
というケースが多く見られます。

自分に合った無理のないポカポカ習慣をプラスすることで
これからもずっと寒さに負けない美しい体でいられますね。

まとめ
1.糖質制限することで血のドロドロがなくなり、
血のめぐりがよくなることで体が温まる。
2.もし寒さなどをひどく感じた場合食事内容を見直し、
タンパク質やカロリーが足りているかをチェック。
3.筋肉の量を確保しつつタンパク質からブドウ糖を作りだせる体に。
血糖値の上昇下降を緩やかにし、低血糖による冷えも防ぐ。
4.必要な食事量や栄養量が取れているか確認を。
運動を始めたらその時にも見直す。

糖質制限で、体重やスタイルだけじゃない生き生きした毎日を手に入れましょう。

糖質制限は様々なスタイルがあります。
自分に適した方法で行い、身体の不調を感じたときは無理せず
お医者さんなどに相談て下さいね。

次にオススメの記事→糖質制限中にのど飴はOK?知らないと後悔する糖質・糖類ゼロ表記の真実


→本気で脂肪を落とすなら!生漢煎「防風通聖散」
糖質制限にプラス@をオススメします!やせられれば彼氏や旦那さんが優しくなるかも?
↓ ↓ ↓

Sponsored Links


ブログランキング参加中!応援クリックしてくれるとうれしいです!
↓  ↓  ↓