この記事の所要時間: 59

スクリーンショット 2016-08-04 6.16.44

やせられる、若返る、
と聞いて始めた糖質制限。

だけどいつまで続ければいいんだろう、
何か体調がよくないな、
と気持ちや体に限界を感じたことはありませんか。

私が糖質制限をしていたとき、
実はそんな時が逆にステップアップのタイミングになっていました。

糖質制限を続けていて
限界を感じた時にしたのが
生活と自分の気持ちの見直しです。

私はこれで11kgやせました。

それらをまとめてみたので
参考にしてくださいね。

糖質制限で食べるものに限界を感じたとき

スクリーンショット 2016-08-04 6.17.11

糖質制限ってがまんするものが多いな。
あれもこれも食べられない・・・

それじゃストレスたまりますよね。

でも実は糖質制限は他のダイエット法に比べて
食べられるものの方が多いんです。

そもそも糖質制限の人気の理由は
糖質を制限すればいいだけなので
とても簡単だからなんですよね。

私はそれを思い出して
食べられるものに目を向けだしたら
食事の内容がガラッと変わり
楽しめるようになりました。

でも、そうは言っても食べたいのが
炭水化物の小麦やご飯ですよね。

そもそも糖質制限とは
糖質抜きということではないんです。

大好きなパンもご飯も
決められた量以内なら大丈夫。

味わってゆっくり食べると
満足感もありますよ。

私はパンが大好きなので
高野豆腐を乾燥させたまま擦って粉にし
小麦粉の代りに使って
自家製パンを作っていました。

そして職場の引き出しには
チョコレートを欠かせない私でしたが
糖質ゼロのチョコで大満足してました。

あなたの食べたいものを
食べながら続けていく方法は
実は結構簡単にあるかもしれません。

糖質制限で減量に限界を感じたとき

スクリーンショット 2016-08-04 6.17.26

糖質制限をしているとある一定のところから
体重が落ちない時期が来ることがあります。

その理由は大きく2つあります。

まず一つ目は
適正体重になったサイン、
であることです。

ここで食事量を減らしたり、激しい運動をすると
筋肉を減らして代謝の悪い体になることもあります。

二つ目は糖質制限を長く続けていると
「このくらいなら大丈夫」
と制限が緩くなることがあります。

これだと太ることはなくても
やせることは難しいですね。

初心に戻って食事内容を見直すと
案外食べすぎていることに気づくことができます。

私は長く続けた経験上、この両方を体験しました。

糖質制限の良さは体質自体を改善することなので
体重よりも鏡で自分のスタイルを見ることや
顔色、体調をよく感じることが大切だと実感しています。

健康や美しさには限界はないので
楽しく続けていきましょう。

糖質制限で気持ちに限界を感じたとき

スクリーンショット 2016-08-04 6.17.51

「がまんするのが辛い・・・」
「ずっと続けるのかと思うと気が滅入ってきた・・・」
なんて思うこと糖質制限中にありませんか。

私はありました。

そこでヒントになったのが
女優さんやモデルさんのインタビューで
「好きなものを好きな時に食べている」
という言葉です。

今日は何を食べたか覚えていない。

ちょっと食べたくなったからコンビニのお菓子を買った。

そういう自分と大きく違うのは
食事や甘いものも本当に欲しいものを選び
心から楽しんで食べていることでした。

食べられない意識から大好きなものだけ食べる
という意識に変わったら
糖質ではないものにもたくさん食べたいものがあることや
糖質のものでも厳選すれば食べられることに気づき
目の前が明るくなりました。

糖質制限でとても大切なのは
食べることを楽しむ気持ちなのかもしれませんね。

糖質制限を続けるのに限界を感じたとき

スクリーンショット 2016-08-04 6.18.04

外食の誘いや旅行、
疲れて甘いものが食べたい・・・

糖質制限をせっかく始めたのに
次々に続けにくい出来事が
起こることってありますよね。

私も始めは、邪魔が入るたびにイライラして
「やっぱり糖質制限は無理」
と投げ出したくなりました。

そこで何がそんなに無理なのか
そう感じる場面を書きだしてみました。

すると私の場合、
「続けられない」と思う原因のほとんどが
「糖質制限のせいでこれもできない」
という気持ちからでした。

やりたくて始めたはずなのに
自分に無理を強いていて
かわいそうですよね。

そこで
「これもできる」
「こうすればできる」
という発想に変換することにしました。

炭水化物や糖質が食べたい時は
量を半分にする。

旅行では気にせずに楽しみ、
帰ってきた2日間は炭水化物を抜いてみる。

など、自分にできることで
対策を決めておくことにしました。

自分の気持ちに聞きながら
ぴったりの方法を見つけてみてくださいね。

まとめ
1.糖質制限で食べられるものに限界を感じた時、
「実は食べられるものの方が多い」ことを思い出してみましょう。

どうしても食べたいものに糖質たっぷりの時は、
代りになるもので手作りすることもできます。
2.糖質制限で減量に限界を感じたら、
焦らずに今の自分と食事を見直してみましょう。
体調がいいときは適正体重であることもあります。
また制限が緩みすぎていた場合は初心に返って再チャレンジしてみましょう。
3.糖質制限で気持ちに限界を感じたら、
本当に食べたいものを厳選してみましょう。
毎回の食事をいかに楽しむかが、続けていける秘訣です。
4.糖質制限を続けることに限界を感じたら、
自分ががまんしていると思っていることを、
なくすような対策を見つけましょう。

自分を大切にしようと始めたのが糖質制限なので、
続ける時も自分にぴったり合ったやりかたで行っていきましょう。
効果は体質や活動量によって様々です。
周りと同じでなくても焦らず無理のない方法で続けていきましょう。


→本気で脂肪を落とすなら!生漢煎「防風通聖散」
糖質制限にプラス@をオススメします!やせられれば彼氏や旦那さんが優しくなるかも?
↓ ↓ ↓

Sponsored Links


ブログランキング参加中!応援クリックしてくれるとうれしいです!
↓  ↓  ↓