この記事の所要時間: 50

スクリーンショット 2016-07-12 11.10.14

ダイエットの季節がいよいよ到来。

糖質制限ダイエットは、糖質の摂取を抑えるだけで、
短期間ですっきりやせられると話題です。

私も糖質制限ダイエットで半年間で11キロやせました。

それでもダイエットを始めたばかりの頃はうまくコツがつかめず、
体調を崩すことが多かったです。

特にビックリしたのが、動悸がすること。

急に胸がドキドキしてくるので、
夜寝ようと思っても寝れなかったり、
仕事中に慌ててトイレに駆け込んだり。

でもこれってちゃんとした理由があったんです。

今回は、糖質制限と動悸の関係を
私が実際に体験したことも含めてお話ししたいと思います。

糖質制限を始めて2週間ほどで動悸がするように

私が始めて動悸を体験したのが、
糖質制限ダイエットを始めて2週間ほど経ったぐらいでした。

その日は夕食を終えて、旦那さんとテレビを見ている時でした。

なんとなく息が苦しいような、
胸を締め付けられるような感じがしたんです。

今まで感じたことのない変な感じだったので、
慌ててソファーに横になりました。

しばらくそうしていると、胸の苦しさは無くなったのですが、
脈がなぜか異様に早くなっていたんです。

その後も仕事中や、寝る前など時間や場所に関係なく
短い時間ですが、動悸がするようになりました。

今まで健康診断で一回も異常がなかった超健康体だったのに。

動悸がするようになった頃とほぼ同じぐらいから
体のだるさ、頭がぼーっとするなどの体の不調も増えてきました。

病院に行ってみようか、どうしようかと悩んでいた時、
たまたま糖質制限ダイエット仲間の友人に会い、
こんな話を聞いたのです。

糖質制限による動悸はエネルギー不足が原因かも!?

スクリーンショット 2016-07-12 11.11.49

この友人も、糖質制限ダイエットを始めて間もなくの頃、
動悸がしたり、めまいがしたりと私と似たような体験をしたそう。

友人の動悸の原因は、ズバリ、エネルギー不足。

体に必要なカロリー自体を制限しすぎたために起こったそう。

心当たりがない?と聞かれて…ハッとしました。

糖質制限ダイエットなので、
ご飯やパン、大好きなパスタも我慢、我慢。

糖質を極力取らないようにと頑張っていたんです。

さらに、糖質制限ではタンパク質や脂質は制限無しだと
頭では分かっていたはずなんですが、
お肉などの多い食生活は太りそうだなと思ってしまって。

結局はキノコや海藻、こんにゃくなどの
カロリーの低いものばかりを選んで食べていたのです。

友人も「私と同じ間違いをしちゃったんだね」と
苦笑いしていました。

糖質制限中に動悸を起こさないためには

糖質制限ダイエットでは、
糖質を制限するのはもちろんですが、
かといって体に必要な糖質まで制限する必要はありません。

特に糖質は脳の働きには大事な栄養素。
必要な分はしっかり取りたいですよね。

日本人の食事摂取基準では、
1日に必要最低限の糖質量は
だいたい100gと言われているそう。

ご飯一杯に糖質がおよそ55g前後と言われているので
1日にご飯2杯は最低限食べなきゃいけないということ。

さらに、糖質を少なくするので、
エネルギー不足分は他の栄養素で補うのが
糖質制限ダイエットの常識。

つまりタンパク質や脂質の元になる
お肉や魚、脂分を意識して
モリモリ食べなきゃいけないということ。

糖質制限を始めたばかりの私は、
糖質シャットアウトで、最低必要量はもちろん取っていません。

しかもほぼゼロカロリー食材ばかりを選んで食べていたので、
体を動かすのに必要なカロリーが供給できずに
深刻なエネルギー不足に陥っていたのです。

ガソリンのない車が走れないのと同じように、
エネルギー不足の体が不調を起こしても何ら不思議はないですよね。

最低限の糖質とタンパク質、脂質をしっかり取った結果

スクリーンショット 2016-07-12 11.15.07

それからの私は、友人から糖質制限のアドバイスを受けて、
二つのことを決めました。

1.ご飯は1日に二杯は食べる。
2.肉や魚、糖質の少ない野菜、卵やチーズなど
カロリーを気にしないでとにかく食べる。

特に2番のカロリーを気にしないで食べるというのは、
やっぱり太っちゃうんじゃないかって半信半疑でした。

でももう二度と動悸のあの変な感じは経験したくないので、
体のためだと自分に言い聞かせながら頑張って続けました。

そうすると、いつの間にか動悸を感じることがなくなって、
しかも体重もスルスルと順調に減っていきました。

その結果、半年間でマイナス11kg、
60kgから49kgの減量に成功したのでした。

まとめ

1.糖質制限ダイエットで動悸が起こるのは
体に必要なカロリーが不足しているためかも。

2.糖質制限ダイエットで動悸を起こさないためには、
体に必要な分の糖質は取ってください。
目安は1日に約ご飯2杯分です。

3.糖質が不足した分のエネルギーは、
タンパク質や脂質で必ず補ってください。
お肉や魚や油など、たっぷり取っても心配ないです。

糖質制限ダイエットは、正しい方法で行えば
最大限にその効果を発揮してくれます。

でも以前の私のように、方法を間違えていたり、
誤解しているために体調を崩してしまうケースが多いのも事実。

もし、糖質制限中なのに思ったよりやせなかったり、
体調がすぐれない場合は、一度正しい方法で実践できているか
振り返ってみるのもいいかもしれません。

それでも長期間にわたって体調不良が続く場合には、
無理せずに必ず受診してくださいね。

次にオススメの記事→糖質制限ダイエット=疲れる?? あなたのその考えは大きな間違いです


→本気で脂肪を落とすなら!生漢煎「防風通聖散」
糖質制限にプラス@をオススメします!やせられれば彼氏や旦那さんが優しくなるかも?
↓ ↓ ↓

Sponsored Links


ブログランキング参加中!応援クリックしてくれるとうれしいです!
↓  ↓  ↓